クリエイター向け

吸着式ホワイトボード クリエイター向け

アドビ社の国際的調査によると「最もクリエイティブな国は日本」であると、国際的に認められている日本のクリエイターの皆さん。(アドビ システムズ、"クリエイティビティ"に関する世界的な意識調査)

そんな日本の漫画やアニメ、シナリオ作家、雑誌編集やゲームなどのクリエイターのオフィスやソーホー(SOHO)にも吸着式ホワイトボードが使われています。
クリエイティブなアイデアをまとめ、スタッフや関係者とのミーティングで、構想を膨らませオリジナリティを作って行く。そうしたプロセスに吸着式ホワイトボードは最適です。作品の世界観を統一し、チームの共通認識とする。プロット・シーンの順番、キャラクターの設定・立ち絵の確認、膨大な基礎資料を視覚的に効率よく貼りだしたり、多様なアイデアを関連つけなどの様々な工程に使われています。

また、多くのスタッフ管理や工程管理・月間予定表にはユーザー指定の罫線を高精細印刷した「オリジナルホワイトボード」もございます。

壁に直接貼る省スペースホワイトボード

クリエイター向け

日本のクリエイターの現場で充分なスペースを持っているのはほんの少数。様々な作品の資料に囲まれ、狭いスペースで作業をなさっている方が多いのが実態ではないでしょうか。
吸着式ホワイトボードは壁に直接貼る、省スペースタイプ。
脚付自立式では脚のスペースが無駄な上に、脚部が邪魔で足を引っかけて転倒の危険もあります。また壁掛けタイプは自立式よりも場所は取りませんが、重い重量を支えるため特別な設置工事や取付器具が必要になります。また設置する壁にボルト穴をビルオーナーの了承を得なければならないなど、面倒なことも発生します。
吸着式ホワイトボードは、壁に直接貼ってはがせる厚さ1.5mmの省スペースタイプ。無駄にスペースを取りません。

クロス・ガラス等どこでも貼れる

クリエイター向け

吸着式ホワイトボードはビニール製のクロス壁、ガラス窓、スチール製オフィス家具、木製パネル、打ちっぱなしコンクリート壁など様々な壁に、貼り付けが可能。無駄になっていたオフィスの壁が、情報ツールに変身します。
特殊な吸着面素材を使用し、貼り付け当初は吸着力が弱いため、設置時の作業をやりやすく、時間がたつにつれて強く壁面に貼り付きます。吸着が弱い場合は吸着補助用透明フィルム(エンボスフィルム)等を使えば、ほとんどの壁に吸着します。

マグネット利用可、資料張付に

クリエイター向け

大切な資料やキャラクターの画像、色指定書など頻繁に目を通す資料は、マグネットで吸着式ホワイトボードに貼りつけておきましょう。
吸着式ホワイトボードは磁石の仕様が出来ます。マグネット、マグネットシートが使用できます。
※磁力の弱いものや自重の重いマグネットは滑り落ちてしまうことがあります。

ハイコストパフォーマンス

吸着式ホワイトボードお1人でまたは社内の数人で張付作業が可能です。
ハードタイプのホワイトボードのように特別な配送料や設置工事費用、また自立脚などのコストが掛かりません。本体部分はハードタイプのホワイトボードと比べても安く、コストパフォーマンスに優れています。
また、高品質で安心の日本製ですから、一般的なホワイトボードど同等の書き心地で、長期に亘って使用できます。安さだけをアピールする海外製の粗悪品にご注意ください。

巾mm×長mm 価格(税込)
700×1000 17,280円
1000×1000 19,440円
1000×1200 23,328円
1000×1400 27,216円
1000×1600 31,104円
1000×1800 34,992円
1000×2000 38,880円
1000×2200 42,768円
1000×2400 46,656円
1000×2600 50,544円
1000×2800 54,432円
1000×3000 58,320円
1000×3200 62,208円
1000×3400 66,096円
1000×3600 69,984円
1000×3800 73,872円
1000×4000 77,760円
1000×4200 81,648円
1000×4400 85,536円
1000×4600 89,424円
1000×4800 93,312円
1000×5000 97,200円

何度でも貼ってはがせる

クリエイター向け

特殊な吸着素材は壁を傷めることがありません。一箇所で長期間ご使用になっても容易に剥がすことができます。さらに吸着面を軽く水ぶきすることで当初の吸着力が復活しますので、違う壁面に貼りつけることができます。
オフィスの移転、部屋の移動、組織の再編成の時に便利です。

ハサミで切れるフリーサイズ

クリエイター向け

吸着式ホワイトボードは柔軟性に優れたているため、一般に使用されているハサミやカッターで切断できます。ご購入後の移転や移動の際、移転先の壁の大きさに合わせて、ご自身でカットすることが出来ます。
高さ1m、横は5mのフリーサイズですので、20cmきざみで大きさをご指定下さい。高さ1m以上は2枚の貼り付けになります。ご購入の際にご要望をお知らせください。
また、廃棄する際には小さく切り刻んで捨てられますので、特別な廃棄費用は発生しません。

貼り込み簡単、誰でも貼れる

クリエイター向け

吸着式ホワイトボードは1㎡1.5kgで軽量であることに加えて、納入時には吸着面に保護シートをつけて納入しています。上部または横部の保護シート端からを10㎝程度
剥がして、上部または横部をはりつけ、位置が決まったら保護シートを引き出しながら
ボード本体を押しつけて貼りこみます。
横幅2m以内程度ならお1人で貼り付けられます。横幅2m以上の場合は2名で貼り付け可能です。

大企業からソーホーまで納入実績

企業一覧

トヨタ自動車、BMW、住友生命、国際協力機構(JICA)、国立成育医療研究センター、三井住友銀行、NTT東日本、NTTドコモ、NTTデータ、クラレ研究センター、住友商事総合研究所、グリコ、キリンビール、持田製薬、積水ハイム、パナソニック、ソニー、サカイ引越センター、日本航空、大和証券、鈴木建設、東芝、ソフトバンクモバイル、人形町今半

学校関連一覧

東京大学、京大経営管理大学院、京大生存圏研究所、東北大学、東北大学、神戸大学、学習院大学、名古屋大学、中央大学、早稲田大学先進理工学部、大阪大学、明治大学、東京工業大学、慶応大学、筑波大学、東京理科大学、金沢大学、和歌山大学、中京大学、日本工学院、ひまわり保育園、大宅保育園、辻調理師専門学校、東京電子専門学校

RSS 2.0

ホワイトバリュー教室

吸着式ホワイトボードを使った
ネット用教育番組

暗算 : 10台の計算 その1

その他のバージョンはYouTubeのホワイトバリューチャンネル」をご覧ください。

壁に貼れるホワイトボード

マグネット式ホワイトボード

 

学習教材

黒板リフォーム